女性の好きなファッションって?

多くの男性が勘違いしていることがあります。
それは「女性はオシャレな人が好き?」と思っているということ。
でも、それは、大きな間違いです。
この事象を正しく言うならば「女はダサい男がキライ」って事です。
これは、同じことを逆から言ったように思えるかもしれませんが、実はそうではありません。
"ダサくない"ことは、イコール"オシャレであること"ではないのです。

どういうことか?つまり、女は男に"オシャレであること"を望んでいるわけではなく"普通であること"を望んでいるのです。
むしろ、たいていの女性はオシャレな男性を敬遠します。
なぜなら、あまりにもファッションに詳しかったり、洋服に凝っている男性は「ナルシストっぽい」気がしてしまうし、自分を差し置いて着飾られたりするのもイヤなものなのです。
一緒にいて、自分も頑張らなくちゃいけない気がして、疲れてしまったり…。

男の人には、ダサくない程度の普通の格好をしてほしい。
これが、一般的な女のコの意見です。
では、普通の格好って?
たとえば、夏ならばTシャツにジーンズで十分。ただ薄水色のジーンズやスリムジーンズなど、明らかに流行遅れだったり、聞いたこともないブランド物などはNGです。
これは、明らかに"ダサくモテない"格好です。
また、Tシャツをご丁寧にズボンの中にしまってしまうのもNG。
普通にリーバイスのストレートジーンズに、無地のTシャツ、ナイキのスニーカーなんて格好をしていてくれれば問題ありません。
ジーンズ&Tシャツといったスタイルが苦手なら、チノパン&シャツといったスタイルもいいでしょう。
この場合、避けたいのは、安売りの量販店で買ったものを身につけてしまうこと。
安物は生地、デザイン、パターンなど、すべてが今ひとつです。
普通の格好をしているつもりでも、ダサい雰囲気がそこはかとなく漂ってしまうもの。
やっぱり全身とは言わないまでも、シャツ1枚くらいはブランド品を着ていてほしいところです。

ファッションに自信のない男性にぜひオススメしたい、お手軽かつ確実なオシャレ術は、ブランドの力を借りること。
ブランド物、自分のファッションセンスに自信がなくても、とりあえず普通のものを買っておけば、ハズレはありません。
お店のスタッフにお任せするというのも1つの手です。
そうやって、季節ごとに数パターン、洋服を決めしまい、それをローテーションして着てればいいのです。
「これは」と思うお店の常連になって、そこでしか買わない、というのも賢いやり方かもですね。
そのうちスタッフと仲良くなって、任せていれば安心、ということになるかもしれません。

ブランドがイマイチ分からないという人は、ともかく大型デパートの紳士売り場に行って下さい。
そこに入っている箱型の売り場(中央の平場ではなく、壁に沿って作られたそれぞれが独立した売り場になってる店)ならたいていは大丈夫です。

お金がもったいないなんて、ケチくさいことは言わないで下さいね。
ファッションは、あなたの印象を左右する大事な要素なのですから!

外見が全てとは絶対に言いませんが、やっぱり外見ってすごく大切なこと。
「人間中身だ」なんて意固地になっていると、一生モテずに彼女はできませんよ!

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。