デートでのお金にまつわる疑問

女性とのデートにおいて、お金に関することは大問題です。
完全に奢るべきなのか、割り勘にしてもいいか割合どのくらいにするべきなのか…。。

誰もが一度は頭を悩ませたことがあるのではないでしょうか?

ズバリ、最初のデートでは完全に奢りにすることをオススメします。
もちろん、電車代まで出してあげることはないと思いますが、たとえば映画、食事、カラオケなどなど、お財布を出す場面ではとりあえずあなたがサッと払ってしまいましょう。

女性は自分を安く見られることを最も嫌う生き物。

また、男性の度量をお金の払い方で推し量る部分もあります。
女性に「じゃあ、3000円でいいよ」とお金を徴収したり、女性が建前として一応出したお金を普通に受け取る男性のことを「器の小さい男」あるいは「ケチなヤツ」と見なすのです。

もちろん女性だって毎回奢ってほしいとは思っていません。
ファーストデートのときくらい女性にお金を出させない"男らしさ"を持って欲しいのです。

女性は単純に「奢られてラッキー」などと思ってるわけではありません。
私に対して私とのデートに対してお金をかけてくれた、これが嬉しいのです。
男性がお金を出してくれることによって自分の価値をキチンと認めてくれた気がするものなのです。

また、女性の嫌う男性のタイプの上位に「ケチな男」というのがあります。
たとえあなたが自分で「俺ケチな性格ではない」と思っていても、ファーストデートで割り勘を求められることで、女性は「意外とケチかも」と思ってしまうもの。
やせ我慢でも懐が寒くてもともかく最初のデートでは全て奢りの気持ちでいてください。
逆に言えば、気前良く奢って見せることであなたを度量の広い太っ腹な男性に見せることもできるのですから。

「最初に奢ってしまったら、この先もずっと奢らなくてはならないのでは?」という疑問を持つかもしれませんね。
でも、女性もそんなに図々しくお馬鹿なわけではありません。
相手の職業や暮らしぶりを見れば、相手の男性がどの程度お金を使えるかなんてすぐにわかるもの。
すると、2回目、3回目とデートを重ねるうちに「今日は私が出すね」とか「このお店は私が持つよ」なんていう具合に、お金を自主的に出してくれるようになるはずです。

女性にとってのお金の理想は、男性6:女性4。
あまり出しすぎてもらうのは悪いけど自分よりは少し多く払ってほしい。
これが女性の本音なのです!

きっちりワリカンなんて、中高生ならいざ知らず大人になっても毎回毎回やっていたら呆れられますよ!

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。