エッチの上手な持ち込み方

女性も男性と同様に性欲はあります。

純粋な肉体としての性欲というのではなく「この男に抱かれたい」「この人とエッチがしたい」という、好きだからこそ激しく性欲を抱く場合もあります。
でも、いずれの場合にせよ女性のほうから「エッチしようよ」とお誘いをするのは、なかなか難しいこと。

夫婦や2年も3年もつきあったような恋人同士ならいざ知らず、まだおつき合いが始まって間もない彼には、間違ってもそんなことは言えません。

ということで、エッチにお誘いをするのは、これは絶対的に男性の役割です。
たとえ、女性がその気になっていなくて嫌な顔をされようとも「スケベ!」とののしられようとも、頑張って声をかけなくてはいけません。
でなければ、永遠に彼女とのエッチはお預けということにも…。

では、どんな風にエッチに持ち込むのが一番スマートなのでしょうか?
もっとも失敗がなく恥をかきにくい方法とは!?

それは「彼女を旅行に誘う」というやり方。
つき合い始めてまだ間がなく「いつエッチを誘えばOKなのかな」と悩んでいるとしたらこれが一番です。
なぜなら事前に彼女がエッチ「OK」なのか「NO」なのか、知ることができるからです。
「旅行に行こう」は「エッチをしよう」の暗号だと思っていいです。
彼女だってこの言葉を聞けば察知するはず。
そこで「いいよ」という言葉が聞ければ「エッチOK!」。
逆に、「え~」「うち親がうるさいから」なんて断られればまだダメということです。
で旅行にOKが得られた場合は、即座に行動しましょう。
一泊でもいいので、素敵な旅館やホテルをすぐ予約してください。
そこで思い出作りをしつつ初エッチ…。

女性はシチエーションや雰囲気に弱い生き物です。
あなたは「ただヤレればいい」と思っていても、彼女のために雰囲気作りには気をつけましょう。

もし彼女じゃない女性と遊びでもいいからエッチに持ち込みたいなんて場合はこれまた簡単です。二人で飲みに行って、ガンガンお酒を飲ませてしまえばいいのです。

女性は意外とプライドが高い生き物。
本当は「エッチをしてもいいな」と思っていたとしても、普通にホテルに行くのは嫌なのです。
「酔っ払ってたからしょうがない」「相手にどうしてもと押し切られちゃったから」なんて、もっともらしい言い訳をしたいのです。
あなたはその言い訳を作ってあげましょう。

いずれにしてもウジウジしないでアッサリ誘うのがベスト。
押しに弱い女性の習性をうまく使うのがコツです。
頑張って下さいね!

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。