女性の上手な操縦方法

女性の上手な操り方。
こんな風に書くと、なんだか悪いことをしようとしているみたいですね。
彼女を騙してお金を巻き上げようとか、女を自分のいいように使おうと…。

でも、そういうことではありません。
「女を上手に操る」ということは、女心のツボをつかんであなたのトリコにさせるということなのです。
そして"自主的に"彼女があなたの世話をするように仕向ける。
これだけなのです。

でも、そのためには男としてかなりの力量が必要になってきます。
なぜなら、たいていの場合、女のほうが男を操る術に長けているからです。
男とはもともと単純な生き物。
女性に操られてもまったく気づかずむしろそれで幸せを感じていることが多いのですから。

女性は、男らしくて包容力があり優しい男性が好きなもの。
けれど、同様に「もう、しょうがないなぁ」「私がついてないとダメなんだから」と思わせてくれる、ちょっと抜けた男性にも魅力を感じるのです。
もちろん抜けっぱなしのダメ男はちょっといただけません。
よっぽど同情心溢れる女性でなければ「つき合ってられない」と愛想をつかされてしまうのがオチ。
そうではなく、普段はバリバリにデキるけどある部分だけ子供みたいというギャップに女性はグッとくるのです。

たとえば、仕事はできるし頭いいしいつもピシッとスーツを着こなしている…
そんな完璧に近い男性が、まったくの方向音痴だった。
こんなギャップに女性は弱いもの。
「しょうがないなぁ」と言いながらデートのときにはナビを進んでやってくれ、あなたを目的地に導いてくれるでしょう。
あるいは、食べ物ポロポロこぼすとか、買い物で無駄なおもちゃばっかり買ってくるとか、どこか子供っぽい面を見せるのもOK。
尊敬できる大人の部分と驚くくらい子供の部分と両方を持っている男性に女性は惹かれてしまうものなのです。

もし、彼女をトリコにしたいなら完璧を目指さずどこか抜けたところをアピールしてみてください。
きっと彼女は目を細めて「しょうがないわね」と言いながら、あなたの世話を焼いてくれるはずです。

世話を焼いてほしいと思っているところをワザとできないと訴えるのもいいかもしれませんね。
たとえば前述したように方向感覚に自信がなくデートのナビが厄介と思っていたなら無理せずダメッぷりを見せつけましょう。
そして、彼女にナビを任せてしまうのです。

「なんとかと彼女は使いよう」ということで、賢く立ち回ってくださいね。
こうやって女性をあなたが操っていきましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。