ファーストメールの書き方

どんな場面でもメールの基本となるのが「顔が見えない相手だからこそ慎重に」と、いう事です。
これを逆に考えている人がとても多いのが現状です。「どうせメールだし、何を言っても平気だ!」と・・
これはとても危険です。

こんな考え方だと会えないどころか、いつまでたっても返信すらもらえません。
メールとは、自分の目の前に相手がいないけど「初対面の人と普通に会話している」という気持ちで送信すれば良いのです。
何も難しく考える必要はありません。
そこにちょっとしたテクニックを織り交ぜればOKなのです。

「敬語でメールをした方がいいのか?」や「絵文字、顔文字は使うべきか?」などを悩む人も多いと思います。
まず、メールは「敬語」を使っていれば間違いはないです。もちろん、ここでは相手が年上、年下とか、そういうことは関係ありません。

全く知らない人に話しかける場合、普通は敬語を使いますよね?これはもちろんメールでも同じ事が言えると思います。
敬語で書くと堅苦しくてつまらない人って思われないのか?って心配する人もいるかもしれませんが、そんな心配はいりません。
軽い馴れ馴れしいメールよりはよっぽど安心感があり好印象です。

それに、敬語と言っても仲のいい上司や先輩に話しかけるつもりで書くようにして下さいね。
あくまでも、自然に明るくって感じです。

次に、「絵文字や顔文字」ですが、これはちょっと難しくて、ケースBYケースだと考えて下さい。
相手のプロフィールなどを見て絵文字、顔文字を多用してるような人なら使ってもいいと思います。

ただ、男性の絵文字や顔文字をあまり好ましく思わない女性も多いです。
ですから、最初は1つのメールに2~3個、もしくは、使わない、というような感じでメールを送って下さいね。

それよりもメールで1番大切な事は、「相手のこと(気持ち)を一番に考える」という事です。
当たり前の話なのですが、相手に好かれたいのなら相手の気持ちや状況を考えましょう。
まだ、仲良くなる前はメールを送る時間を気にしてあげて下さい。
いきなりの「アドレス交換」を要求するのは止めて下さい。
これは、とっても重要で、多くの男性が失敗する部分でもありますし、ちなみに、私も何度かあります。
ましてや「会う話」をいきなり切り出すのは絶対に止めて下さいね。警戒されること間違いなしですから。

それに、レイプされたりストーカーされたりっていう危機感だって少なからずあるのですから。
”メールの文体を考える”、”相手の状況や気持ちを考える”今日はこの2点が、最低限押さえておきたい重要なポイントです。

「はぁ?そんな事知ってるよ!」と、そう思った貴方はかなり良いところを抑えていますね。
ただ、多くの男性はこれが出来てないんです。だからなかなか会えないのです。

まだ、それが出来てない人はここで述べた事はしっかり頭の中に叩き込んでおいて下さいね。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。